没個性を称えよ、個性を解放せよ

ベッドに鎮座する人体風の奇怪なオブジェの落書き

観光の目的

時間と資金があればよく旅に出る人間なので、たまに旅それ自体について考えている。

最近思うのは、大学生みたいな時間と体力はあっても資金がない身分の人間は行き当たりばったりの旅はムズイなということだ。

 

この1年で鹿児島・熊本・福岡・大阪・京都・奈良・福井・和歌山・東京・横浜を観光してみたが、行き当たりばったりの場合そもそもどこを巡ればいいのか戸惑ってしまった。観光地だらけの京都でも、観光の「光」を観光地側から見せてくれることはあまりなく、ちゃんとこちらから見ようとしないと面白さも欠片もない。

以前友人が京都に遊びに来てくれた時は、彼の好きなゲームに関連するスポットを中心に移動計画を立てることができ、かなり楽しかった。先日行った横浜も、「中華街を見る」という目的があったから結構うまくいった節がある。どうやらテーマや目的があるとうまくいくようだ。

ではそのテーマや目的を生成するにはどうすればいいか。それは、アニメなり小説なり何かしらのコンテンツを愛好することが一手段だと考えられる。そうすれば大体「聖地巡礼のために~」みたいな目的が得られる。そもそもあらゆる観光は聖地巡礼みたいな側面があると思う。

ということは行き当たりばったりの私の旅のスタンス自体がオカしいんだろうなぁ。